既刊検索


透明な薄い水色にExpand

透明な薄い水色に

岩見樹代子

幼なじみの一花に恋をしている女子高生・律は
その思いを打ち明けずに過ごしてきた。
しかし同じ幼なじみの駿が一花に告白して3人の関係は三角関係へと変わっていく。

「私だって一花が好きなのに」

女の子同士という叶わない恋と
彼氏という敵わない相手。

一人だけ取り残されてしまった律の想いは徐々に溢れ、
彼女から常識的な考えを奪ってしまう。

ISBN 9784758077729 /  B6判 本体680円+税

2018年01月18日

トップページへ ページの先頭へ