既刊検索


たとえとどかぬ糸だとしても3Expand

たとえとどかぬ糸だとしても3

tMnR

――このくすぶった気持ちの名前を、
私は知っている。

怜一と璃沙子を見て動揺し、
歩道橋から落ちてしまった薫瑠。
幸い怪我は足の骨を折っただけで済んだものの、
この一件から、薫瑠は怜一に対して猜疑心を抱いてしまう。
病院のベンチで泣く薫瑠。
どうして泣いているのかわからないウタは、
そんな薫瑠を見て、
傷つく彼女の姿をみる辛さを痛感する…

ISBN 9784758078399 /  B6判 本体680円+税

2018年07月18日

既刊一覧

たとえとどかぬ糸だとしても1

たとえとどかぬ糸だとしても1

tMnR

ISBN 9784758076692 /  B6判 本体680円+税

2017年05月18日

  • 購入する
たとえとどかぬ糸だとしても2

たとえとどかぬ糸だとしても2

tMnR

ISBN 9784758077538 /  B6判 本体680円+税

2017年11月16日

  • 購入する
トップページへ ページの先頭へ